第14回 東京都中小企業技能人材育成大賞知事賞 優秀賞受賞 メインビジュアル
第14回 東京都中小企業技能人材育成大賞知事賞の建設・建築部門において優秀賞を受賞

第14回 東京都中小企業技能人材育成大賞知事賞の建設・建築部門において優秀賞を受賞しました。

東京都中小企業技能人材育成大賞知事賞とは?

東京都では、技能者の育成と技能の継承に取り組んでいる都内の中小企業等で、特に成果を上げた企業等を「東京都中小企業技能人材育成大賞知事賞」として表彰しています。
この表彰制度により、中小企業等における技能者の人材育成と処遇・地位の向上が図られ、東京の産業の活性化と競争力のある東京ものづくり産業及びサービス産業がさらに発展することを期待しています。
entry

授賞式の模様1 授賞式の模様2 授賞式の模様3

技能者の育成と技能継承への取組

(1)経営者、管理職、社内外の専門家(職人等)をメンバーとする社内の技能委員会が中心となって人材育成を行なっている。

(2)社員を塗装高等技術専門校に派遣している。訓練過程は2か年で、平成28年度は2名が受講した。

(3)協力会社の社員も参加できる特殊塗装研修を月2回実施している(昼間10名程度、夜間15名程度参加)。また新入社員研修、1・2年目研修、職長クラス研修など、先輩から後輩へ技能伝承される機会を多く作っている。

(4)社内の1級技能士が建築塗装の技能検定試験の基準講習会を行なっている。

(5)技能検定受験や講習などの費用については、全額を会社が負担している。

(6)毎年、社内推薦された優秀技能者を表彰し、報奨金を支給している。

(7)1級施工管理技士の合格者に対して報奨金を支給している。

(8)年2回(各3日間)、複数の高校や職業訓練校からのインターンシップを受け入れている。

(9)全国建築塗装技能競技大会に毎年2〜3名程度選手を参加させている。地区予選、全国大会に向けた研修も繰り返し行っている。
entry

表彰式の模様4 塗装工房にて研修 技能競技会への出場

代表佐藤周平より

代表佐藤周平ポートレート
名誉ある賞を頂きまして、誠にありがとうございます。1918年の創業以来、塗装職人であった創業者佐藤宗平は人材育成に力を入れてきました。私達は創業の理念『常に研究を重ね創意工夫に努めましょう』を引き継ぎ、現代に合わせた創意工夫を加えた人材育成に取り組んでいます。この賞を頂くことをきっかけに、今後ますます精進していきたいと身の引き締まる思いです。
entry