佐藤興業株式会社

特殊塗装による木目補修の施工例

施工例1 施工例2



施工例1)戸建て住宅の浴室の木目補修

弊社に木目補修のご依頼をいただいたお宅では、経年やお客様が使用されたカビとりの薬品などの影響で、木の浴室壁面が白っぽく色褪せしていました。今回の補修では全体的に木の色を復元し、色褪せでより目立つようになってしまった節部を目立たなくしました。

なお、今回の施工例ではお客様がカビとりをされたあとの補修を行っていますが、カビとりの段階から弊社で施工可能ですのでお困りの方はどうぞお気軽にご相談ください。



施工前 - 木の壁面が全体的に白っぽく色褪せしています

木目補修施工前の写真です。全体的に白っぽく色褪せています。以降の施工中、施工後の写真と比較してみてください。(施工は浴室全体に行いましたが、写真は比較のために同じ角度から撮影した一角のみになっています。)



施工中1 - 途中まで木目の色復元作業が進んだところ

素材本来の色に近づくよう調色した数種類の半透明の塗料を重ねて色を復元しています。元からの色の差が分かるよう部分ごとに作業の進みを変えています。



施工中2 - 全面の木目色復元が終わったところ

本来の色が復元されました。1枚目の施工前の写真と比較すると色味が増していることがはっきりと分かります。



施工後 - 更に全体に艶を出しました

木目色の復元後、クリア塗料で全体に艶を出して生き生きとした質感になりました。



その他 - 色褪せで目立つ節を部分補修

節の周りが強く色褪せしてしまい、節が浮いて目立つようになっていました。全体的な色の復元と合わせて、節部は個々に周りの色と合わせて浮いて見えないように補修しました。



施工例2)戸建て住宅の浴室の木目補修

今回施工させていただいた浴室では壁表面にカビや石鹸などの汚れによる白い染みができていました。補修により防かび剤を塗付し、白く染みになってしまった部分を周りと合わせました。

なお、今回はお客様から湿気によるカビや石鹸水などの汚れの再発をできるだけ防ぎたいとのご要望をいただきましたので、壁面の色を調整したあとでクリア(透明な塗料)を吹き付けし全面コーティングを行いました。



施工前 - 溜まった水や湿気によりカビや染みができていました

補修施工前の写真です。カビや白っぽい染みが発生していました。



施工後 - 防カビ剤を塗付し、染みや色褪せた木の色を復元しました。

補修施工後の写真です。カビや染みが無くなり全体的に色味が増しています。また、クリア吹き付けによって艶が出ています。



施工前 - 石鹸などの汚れにより壁に染みができていました

補修施工前の写真です。シャワーを中心に石鹸などの汚れが乾いてできたと思われる白い染みができていました。



施工後 - 染み部分を補修し、色褪せ部分も含めて全体的に色を復元しました。

補修施工後の写真です。染みが無くなり、全体的に色味が増しています。



施工前 - 節や水が掛かる箇所を中心に色褪せや染みが発生していました。

補修施工前の写真です。水が掛かり易い箇所は他よりもシミや色褪せの発生が多くみられました。



施工後 - 色の復元とクリアによるコーティング

補修施工後の写真です。染みなどが消え、本来の木の色が戻っています。クリア吹き付けでコーティングすることにより、木の表面にハネた石鹸などが染み込みにくいようにしています。



施工前 - 湿気のたまる天井には、細かなカビが発生していました。

補修施工前の写真です。写真では確認しにくいのですが、細かなカビが発生していました。また、多少の色褪せも見られました。



施工後 - 防かび剤を塗付し、色褪せを補修

補修施工後の写真です。防かび剤を塗付し、色褪せを補修しました。



施工中 - 色上げを行っているところ

補修箇所の周囲の色に合わせて現地で調色を行い作業を進めます。



施工中 - 防カビの処理を行っているところ

湿気が溜まりやすくカビが発生しやすい細かな溝部分に注意して防カビを施します。



.

.